灰色のシャツ

プリントTシャツは業者に依頼して作ることができる

チームの士気を高める物

衣類

最近ではチームやボランティア団体などのオリジナルTシャツを、オーダーして作る所が多いようです。プリント部分のインク色やTシャツの色を自由に組み合わせることもできます。オリジナルTシャツをみんなで着用することでチームの士気を高め、団結力もアップします。

» 詳細

オリジナルの服を作る

複数のTシャツ

オリジナルの服を自作したいと思った時に手軽なのがTシャツにオリジナルデザインをプリントすることです。自作もできなくはないですが、費用対効果を考えると専門のお店に頼む方が確実です。プリントTシャツを作るときに注意すべきなのがデザインと色です。一般的に、色の数が多くなるほど値段は高くなります。ですが、色が多いほどよいものになるという思い込みを持っている人が少なくありません。もちろん、よいデザインによい色合いならばよいものはできあがりますが、予算もかさみます。予算を抑えてインパクトの強いものを作りたいという場合には、色の数は絞ってデザインを大きくするのがおすすめです。できればTシャツ全体に広がるようなデザインにするとよいでしょう。そうすることでインパクトを与えながらも予算を抑えることができます。

よいTシャツプリント業者にはいくつか特徴があります。まず一つ目が、デザイン料も含んだ価格設定になっている業者です。Tシャツのプリント業者は、それこそピンキリなので値段の安い業者に頼みたくなりますが、データを自分で作って渡さないといけないところもあります。そうなるとデザイン作成のためのソフトなども必要になったり、別途デザイン料がかかったりして高額になるおそれがあります。あらかじめデザイン料も含んだ価格設定になっている業者ならば安心です。また、親身に相談に乗ってくれるかどうかも重要なポイントです。電話対応や店頭での対応に疑問を感じるようならば避けた方が賢明です。印刷前に見本を届けてくれるかどうかもポイントです。誤字脱字はどんなにチェックしても起こり得ます。印刷前に確認させてくれる業者を選ぶとよいでしょう。

プロに任せる

オレンジのシャツ

オリジナルtシャツを自作するのも良いのですが、実はプロに任せた方が得になることもあるので慎重に検討しましょう。どこにお願いするのかは、見積もりをしてもらうだけでなく、サンプルを見せてくれたり、無料でやり直しができるところかどうかで決めると良いです。

» 詳細

専門の業者に依頼しよう

衣類

オリジナルTシャツの製作を検討しているのであれば、いくつかの業者に見積りを依頼するようにしましょう。費用はもちろんのこと、Tシャツの品質や最低枚数なども確認した上で依頼するということが大切になります。

» 詳細